スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かげろう

久しぶりの更新になります。

かげろうのデッキ構築、プレイングについて書いてみたいと思います。

まずファーストヴァンガードは『コンロー』、『アンバードラゴン』の二種が用意されています。

コンローはG1のかげろうに乗ると移動し、パワーが5kのブースト要員、効果を使ってG1を呼んでくることができ、ほぼ確定でアドバンテージを取ることができます。
対してアンバードラゴンはG1のアンバードラゴンに乗るとG2を1枚手札に加えることができますが、G1でパワーが6kのアンバードラゴンを複数積まなくてはならなく、その上不確定であるため、私自身は好みません。

今回はそういった理由からコンローを選択して組んでいきたいと思います。

自分はデッキを組む際、枚数は必要なカードを出し、そこから調整していくので今回もそういう感じでやります。

次にG1、かげろうのG1には安定性を高める『ドラゴンモンクゴジョー』や『希望の火エルモ』などが用意されており、これをベースに組んでいきます。
次に安定のバニラである『鎧の化身バー』、相手のG1を消すことのできる『魔竜導師 キンナラ』や『ヒートネイルサラマンダー』。あまったCBを使え、コンローでサーチしてくる可能性もあるかもしれない『ガードグリフォン』、ジエンドやオーバーロードで固めて使う可能性のある『約束の火エルモ』、そして『ワイバーンガード バリィ』などがあります。

次にG2、個人的にはバニラが『ドラゴンナイトネハーレン』と『十字撃ちガープ』の2種類あるのがうれしいですね。次に不利な状況からでもなんとかワンチャンス作り出せる『バーサークドラゴン』、攻撃力が高く単機で11kVを、バーを並べて10kVを、ゴジョーを並べて先行3ターン目に19ラインを作れるなど便利な『バーニングホーンドラゴン』、相手の後ろのユニットを殴れる『ワイバーンストライクテージャス』などがいますね。

そしてG3、『ドラゴニック・オーバーロード』をはじめ『ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド』、『ドラゴンモンク ゴクウ』など強力なユニットがいっぱいいますね。

では組んでいきたいと思います。基本の構築は8-11-14ですが、今回はゴジョーや希望のエルモを使っているので少し変えてみたいとおもいます。

今回はジエンド主体で組みたいと思うのでジエンドは4枚、ジエンドに乗れなかった場合やRにおいても強いということでオーバーロードのほうも4枚積んでみたいと思います。G3は8枚です。

G2です、ネハーレンとガープ、バーサークドラゴンとバーニングホーンの4種類を入れます。
比率ですが、バーサークドラゴンを多く打てば打つほど有利になるので4枚入れます、次にバーニングホーンの枚数なんですが、序盤に引きすぎても、終盤引けなくてもきついので2枚つみたいと思います、バニラユニットは6枚積んでG2は12枚です。

G1です、ライド事故、展開事故を防ぐためにゴジョーを4枚入れます。コンローでサーチできる希望の火エルモは1枚でいいです。クロスライドされたときにネハーレンやバーニングホーンのブースト、2体並べてアタッカーにしたり先行1ターン目ライドで対オラクル要に輝くバーを4枚。そしてバリィを4枚入れたいと思います。G1は13枚です。

トリガーについて。できるだけクリティカルが多い方がいいのですが今回はゴジョースキルを多く使いたい、ブーストが心もとないということもあり、クリティカル7、ドロー5、ヒール4にします。

8-12-13というG1が少ない構築になりました。
この構築でもG1に乗りさえすれば、エルモスキルを使うなりゴジョースキルを使うなりしてブーストが足りなくて殴れないことは少ないです。

良くある光景は
R    V    R
バー  エルモ ゴジョー
こんな感じになるようにやってますね。

ヴァンガードにおいて殴れる回数というのは基本的に3回までと決まっているので、序盤から殴っていく方が強いと思っています。しかし場にカードを出すということは返しに殴られるor消される心配もしなければなりません。

場に出してしまった次の相手のターン、そして次の自分のターンのことも考えて展開していきましょう。
たとえば後続がいるなら展開して2,3面出して殴るなどですね。

ジエンドのスキルは強力なペルソナブラストを持っているため、ゴジョースキルを連打してジエンドをサーチするのもありです。

構築が済み大まかに把握したあとは並べて攻撃して、引いて、トリガーを捲るだけです。
対戦相手のクランによっても少しプレイングが変わってきますがそのあたりはまた後日やりたいと思います。

それでは。
スポンサーサイト

アンバー軸のかげろう

■グレード 3
4 x デュアルアクス・アークドラゴン
3 x アンバー・ドラゴン“蝕”
■グレード 2
4 x ドラゴンナイト ネハーレン
3 x アンバー・ドラゴン”黄昏”
3 x バーサーク・ドラゴン
■グレード 1
4 x アンバー・ドラゴン”白日”
3 x ワイバーンガード バリィ
3 x 鎧の化身 バー
2 x グレイブショット・ワイバーン
2 x ヒートネイル・サラマンダー
2 x ドラゴンモンク ゴジョー
■グレード 0
FV1 x アンバー・ドラゴン”暁”
治4 x ドラゴンモンク ゲンジョウ
☆4 x 槍の化身 ター
引4 x ドラゴンダンサー モニカ
☆3 x ブルーレイ・ドラコキッド
引1 x ガトリングクロー・ドラゴン


アンバー蝕の後ろにバーを置いてグレイプショットワイバーンで21kラインをつくりヒットさせたいデッキ

ドロートリガー多めとなっており、白目でG3捨ててトリガー率を上げることが狙いです

みんな大好きゴクウオバロ

G3
ドラゴニック・オーバーロード4
ドラゴンモンク ゴクウ4

G2
ドラゴンナイト ネハーレン4
バーサーク・ドラゴン4
10000バニラ2

G1
鎧の化身 バー2
ドラゴンモンク ゴジョー 4
ワイバーンガード バリィ 3
魔竜導師 キンナラ 3
希望の火 エルモ 3

G0
FVリザードソルジャー コンロー1
治ドラゴンモンク ゲンジョウ 4
☆槍の化身 ター 3
☆ブルーレイ・ドラコキッド 3
引ガトリングクロー・ドラゴン 3
引ドラゴンダンサー モニカ 3


安価で作れてトップクラスの強さを作れるゴクウオバロです。
トリガー比率は安定のため引6☆6としてありますが好みですね。

バーが二枚というのは8kブーストがあまり必要と判断したからです。
ゴジョーを多めに入れることでG2へのライド事故を減らしています。
またゴジョーは7kブーストなのでバーサークドラゴンがいい感じになります。

後は後ろにエルモでもつけて殴ってください。

ゴクウの強い点はトリガーだけでなくG3を引いたときに効果を発動できるということです。
後ろにエルモでも置いておけばヒットしたときに引いたG3を捨てることもできますね。

G3バロミデスなど相手にするときに相手の8k以上のブースト要因が居なくなってしまえば
オーバーロードにライドしてもらえれば防御も攻撃も万全ですね。
プロフィール

ゆーかり12345

Author:ゆーかり12345
3流ヴァンガードファイター
自分なりに頑張ってやってます
よろしく!!

カウンター
最新記事
Categories...

openclose

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。